“復職支援が専門” 貴社のメンタルヘルスを最適化いたします。
rss

5つの強み・特徴

ファインドヘルスは5つの強み・特徴で、
貴社のニーズにお応えします!

現場主義に根差した現状理解と提案

会社で起きるメンタルヘルスの課題は、一般的に会議室で話し合われることが多いと思います。現場主義を信条に置いているファインドヘルスでは、可能な限り現場に出向き、現場に寄り添う姿勢を大切にしています。 「治そうとするな、分かろうとせよ!」をモットーに貴社特有の課題を共有し、現場視点に立ったオーダーメイドのご提案をいたします。

現場主義に根差した現状理解と提案

実効性のある“メンタル力向上プログラム”

メンタルヘルスの課題を回復するためにカウンセリングは有効です。心の傷を癒し、調子を上げるためには心のケアが必要です。
ファインドヘルスでは、カウンセリングに加え、再発を防ぎ、その人自身がいきいき働けるようになるための“メンタル力向上プログラム”の知識とスキルをご提供します。

実効性のあるメンタル力向上プログラム

自社の取り組みを見える化

組織で起きているメンタルヘルスの課題を解決するには、真の課題の把握と優先順位をつけた具体策が必要です。そのため、場当たり的に研修をしても効果は限定的になることがほとんどです。
ファインドヘルスでは、メンタルヘルス対策が俯瞰できる対策診断ツールを使って各対策を見える化し、対策の緊急性と重要性を見極めて最適化するよう設計いたします。

自社の取り組みを見える化

組織に根づく風土づくり

メンタルヘルス対策の取り組みは、法令で実施することが義務づけられています。そのため、消極的・事後対応的な取り組みになりがちです。ファインドヘルスでは、それを組織経営や個人の健康がアップするような好機に捉え、対策の導入を通じて、貴社に根づく取り組みとなるようサポートいたします。

組織に根づく風土づくり

あきらめない心と、人とのつながり

起きた出来事をどう捉えるかが重要です。私は、18歳の時には骨のがんで片足を切断し、39歳の時には顔のがんで10回の手術を経験しましたが、これらを乗り越えてこられたのも、“あきらめない”心のあり方と、そして信頼できる知人、恩師の存在が大きかったと思います。これらの経験を活かし、“あきらめない”心と、人との“つながり”を通じて、貴社のメンタルヘルスに貢献します。

あきらめない心と、人とのつながり