“復職支援が専門” 貴社のメンタルヘルスを最適化いたします。
rss

予防

2019

8/02

【あなたが今、うつ病になったら・・・】

ネプチューンの名倉さんが、
「うつ病」。

2カ月間のリハビリ休養
というニュース。

驚きましたね。

働き盛りの50代。

いきいきと仕事をされていて、
人気があって、
ご家族が仲良さそうで、
いつも笑顔でいらっしゃる。

そんな絵に描いた
「成幸者」の方でも、
心とからだのバランスが、
崩れる時がある・・・。

テレビから感じられる
名倉さんは、
面白い中に、誠実な印象があり、
思いやりにあふれるお人柄が伝わってきます。

周囲の方のことを慮って、
思いきって公表されたように感じました。

ご事情はネットニュースでしか
存じ上げませんが、
それでも
名倉さんのご快復されているお姿が、
目に浮かびます。

メンタルヘルスの取り組みで、
「職場復帰支援」というものがあります。

それは、心のバランスを崩された方が
再び職場で仕事ができるよう
サポートすることです。

私は、「職場復帰支援」というのを
もっと広くとらえています。

復帰するのは、
たんに職場だけではなく、

家庭に、
住んでいる地域に、
仲間のもとに、

そして何より、
「本当の自分の心」に戻っていく

そんなプロセスをサポートすることを
意識しています。

「職場復帰支援」を成功するには、
3つの要素が必要です。

1.医学的・心理学的・社会的支援
2.ご本人の復帰への想い
3.身近な人の理解

今、日本の働く社会では、
メンタルヘルス不調で休む人が
増え続けている事態が止まりません。

あなたの会社では、いかがでしょうか。

✓メンタル不調で休む方は、おられますか?

✓休むことになった場合、
 職場復帰という考え・制度がありますか?

✓職場復帰がうまくいっていますか?

✓もし、今の会社で、
 あなたがうつで休むことになったら
 どうしたらいいでしょう?
 どなたか頼りになる人はいますか?

メンタルヘルスの不調は、
経営者であっても、従業員であっても、
また、
それぞれのご家族の方にも起こりえます。

ぜひ知っておいていただきたいことがあります。
それは、「必ず快復するということ!」

名倉さんは、必ず快復するでしょう。

なぜなら、
ご本人が「戻って参ります!」と
復帰を希望しているからです。

そして、
周囲(原田泰造さん、堀内健さん)が
快復するまで支えようと考え、
その分までがんばることを決意されているからです。

「職場復帰支援」でうまくいかない場合は、
この逆です。

・ご本人に復帰の意思が伺われない
・周囲が待っていてくれようとしていない
・きちんとした治療を受けられていない

日本の社会や、会社や、学校や、家庭で、
もしうつになっても、誰もが、
安心して治療やリハビリに専念でき、
そして快復できる、
そんな理解と協力の輪が必要ですよね。

「困った時は、おたがいさま」
われわれの国がもっている誇れる精神!

こころ豊かに
みんなが幸せに生きられる社会にするために、
忘れずにいたい。