“復職支援が専門” 貴社のメンタルヘルスを最適化いたします。
rss

予防

2019

6/14

【引きこもる心理と、対応の一歩】

町内の掲示板に
「不登校を考える会」
というポスターが張ってありました。

甥っ子に聞いて、
ビックリ。

「うちの中学では、
 クラスに1人以上は、
 学校に来れない人がいるかな〜」

・・・
・・

ちょっと調べてみたら、
「不登校」は
5年連続増加で過去最多。

そして今、
大きなニュースになっている
「中高年の引きこもり」。

後者の方は、
実態が把握されていないようで
対応はこれからのようです。

・・・
・・

私も、
引きこもりと出社拒否の
体験者です。

心の専門家になってからは、
「子ども領域」に関わっていた時もあり、
それらの支援をしておりました。

そして、
「働く大人領域」に移った今も、
ご相談が寄せられることがあります。

「実は、うちの子どもが
不登校なんです・・・」

解決するために、
どうしたらいいか?

・・・
・・

唯一の解決策はありません。

どうすればいいかは、
その人に必要なことを見つけ、
取り組み続けるしかありません。

その中で、大事だな、
と感じている一つのことがあります。

それは、

・・・
・・

「引きこもってもいい」

引きこもりを受容してあげる
スタンスが必要です。

それがないと
ご本人もご家族も
キツくてやっていけません。

学校に行けない、
社会に出られない、
会社に出られない
には、理由・きっかけがあります。

ただ、気をつけたい点は、



「お一人で抱え込む」ことです。

悪化・長期化を防ぐには、
誰かに相談してください。

もちろん、相談しても、
それで問題は、解決しませんが、

それでも、
一緒に考えてくれる人がいるだけで、
ご負担はずいぶんと楽になるからです。

・・・
・・

不登校や、引きこもりは、
人に言えないような、
恥ずかしいことと思わないでください。

ストレス社会の現代は、
誰の身にも起こり得る
自分を守るために必要な大事な
一つの手段です。

みんなのテーマですから、
みんなで解決していきましょう。

不登校や引きこもるという以外にも、
自分を守り、自分らしく生きるための
方法を見つけるために。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引きこもっても
その自分を受けいれてくれる人が
身の回りにたくさんいたら
どうなるだろう?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~