“復職支援が専門” 貴社のメンタルヘルスを最適化いたします。
rss

働き方

2017

1/24

【今、問われている新たな働き方とは?】

残業,利益

「命より大切な仕事はない!」

という命のメッセージを
自分のこととして、あるいは自分の大切な人のために、
私たち一人ひとりが、 受け止めることだと思います。

仕事によって、
健康や命が削られることがないよう、

いやむしろ、
そんなことは当たり前で、

仕事によって、
命が輝くそんな働き方を実現するような
働き方!

そのためには、
どうすればいいのでしょう。

私は、それは、
組織が個人に合わせることだと考えます。

これまでの働き方は、その逆で、
個人が、組織や会社に必死になって
合わせてきました。

そのおかげ、会社は発展し、
個人の生活も、社会も経済的に豊かな生活を
送ることができるようになりました。

しかし、
あまりにも組織に合わせることが強まったあまり、
個人の健康が、命が失われていくという日本の事態、
”過労死”。

”KAROSHI”として英語の辞書に掲載されています。
人の命を削ってまでモノをつくって、
世界に輸出すべきモノはないはず。

もちろん、熱心に働くことが大切ですが、
でもこれ以上、仕事のために個人が必死になって、
組織に合わせてはいけません。

幸せになるために働くことを最優先にした、
働き方をつくっていきましょう。

そのためには、
組織が個人を「人間として」尊重した
会社経営や、職場環境をつくっていくことが必要。

メンタルヘルスとして、やらねばいけないこと、
それは、”会社がすべき心の健康づくり”。

メンタルヘルスを個人の性格や、メンタルの問題として
あつかってはいけません。

個人のせいにすることでは、
組織として対応することを放棄することになり、
根本的な改善にならないからです。

だから、必要なコトは、
組織として改善することです!

誰にとっても、安心して仕事に集中でき、
過労のない職場環境ならば、
一人ひとりは、いい成果を出さそうと、
仕事を熱心に取り組むのではないでしょうか。

そして、
そんな働き甲斐のある職場から
生み出されたモノに、
私たちは、価値や魅力を感じるのではないでしょうか。

だから、
今、問われている新たな働き方とは、
個人の価値観を尊重した経営や働く環境を
つくっていくことです。

個人の働き方が充実するほど、組織が発展する!

そのためには、
一人ひとりのココロを大事にした
メンタルヘルス対策は、ますます重要!

そして、もし、
あなたの会社での”心の健康づくり”を
さらに充実していきたい、
と感じられているなら、その実現に向けて、
ぜひ、ご一緒に考えてみませんか。

ご興味をお持ちの方は、ぜひ、
1月26日のセミナーを行います。
そして、セミナーにご参加された方は、
コンサルティングも費用に含まれています。

ぜひ、ご一緒に考えましょう!
詳しくは、以下をご覧ください。

★セミナーお申し込みページ↓ ↓ ↓
https://a07.hm-f.jp/index.php?action=R1&a=875&g=31&f=68

 

★セミナーご案内のページ↓↓↓
http://stress-check.org/mh-sc/

 

あなたのご参加、心よりお待ちしております。